main visual of Daiguli Laboratory

研究

研究紹介

分子スケール・ナノスケールの熱・物質・電荷輸送現象の理論的・実験的研究
主にエネルギーに関連する技術について,分子スケール・ナノスケールの熱・物質・電荷輸送現象の研究を行っています.ナノ細孔,ナノ流路などのナノ構造体,あるいはナノ構造体を組み込んだデバイスの設計,製作を行い,分子,イオン,液体の輸送現象の研究を行っています.また,これらの輸送現象の分子シミュレーションにも取り組んでいます.

  • ナノ細孔における物質の吸着・輸送現象の研究
  • ナノ細孔に閉じ込められた液体内部のイオン輸送の研究

ミクロスケールの熱・物質・電荷輸送現象の理論的・実験的研究
発泡材,中空カプセルなどの中空構造体は,様々な機械,熱,電気,音響,光学特性を持っています.中空構造体の高性能化,および製造プロセスの省エネ化を目標に,衝撃緩衝材,断熱材,絶縁材,遮音材,反射材などに使われるミクロスケールの中空構造をもつ材料の製作,および特性評価を行っています.

  • マイクロバブルを利用した中空マイクロカプセルの製作
  • 規則性細孔構造をもつマイクロセルラープラスチックの製作

機能性材料・新冷媒などのエネルギーシステムへの応用
機能性材料(ナノ構造体・ミクロ構造体)をエネルギーシステムへ応用し,エネルギー利用効率を高めることに取り組んでいます.ナノ・ミクロスケールの輸送現象の研究に加え,マクロスケールのエネルギーシステムにおける熱流体現象の研究も行っています.現在は空調システム,蓄熱システム,タービン,電池などを研究の対象としています. 材料の研究者やエネルギーシステムの技術者と共同で研究を進めています.

  • 各種デシカント材料の空調システムへの応用
  • 蓄熱システムへ応用可能な複合材料の研究開発
  • 多孔質材料による騒音低減の研究
  • 冷媒の熱物性の研究

ページトップへ

卒業論文の研究紹介

▲ページトップへ